So-net無料ブログ作成
検索選択
日々雑感 ブログトップ
前の5件 | -

熊本への思い [日々雑感]

熊本地震

まさか熊本でこんな大きな地震が起こるとは思っていませんでした。

 

物心ついてから、10年を東京の郊外で過ごしたわたし。

中2から高校まで父の仕事の関係で熊本に住みました。

成人してからは、福岡で2~3年。 

その間、大きな(震度4とかの)地震の記憶なし。

関東と違って、地震が少なくていいな~と思っていました。

が・・・。

 

2005年に福岡西方沖地震が起こって、

びっくりして、

それでも、熊本で大きな地震が起こるなんて想像もしていなかった。

 

これって、がんと一緒だなって。

実際になるまで、自分がなるなんて思えない。

 

でも、わたしはがんになったし、熊本は大地震に見舞われた。

 

熊本にこんなことが起こるなら、全国どこだって、大きな地震が起こる可能性があると、心底から思える。

 

本当に、大地震なんて起こりそうもない場所だったんです。

 

でも起こったの。

 

だから、あなたの地域でも、起こりうると思ってください。

 

 

 

 

ゴールデンウイークに、熊本にボランティアに行くか迷っています。

体力的に耐えられるのか。

それ程体力に自信がない自分でも、役に立てるのか。

現地での交通手段はどうしようとか。

もし、大きい余震が起こって、戻れなかったら職場に迷惑かけてしまうとか。

冷静に検討しなくては・・・・。

 

 

地震って、自然現象なのだから、恨むこともできないけど、

 

熊本城があんなに壊れたり、

阿蘇大橋が崩壊したり、

 

悲しいっっっっっっっ!

 

宇土櫓が残ってよかった

 

震災が落ち着いたら、ぜひ行ってみてください。

 

槍をもった足軽が敵が来ないかと狭間から覗く姿を想像できる趣のある建物です。

 

南阿蘇にも・・・。

 

 

あ~まだ、信じられません。

 

だから、自分の目で見ないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:熊本地震
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「さよなら私」を見て ~ちょっとだけ乳がんのこと~ [日々雑感]

前回の記事から、なんと半年近く経っていました…

 

さすがにびっくりしました。

 

こんな感じで(は、さすがにだめか)細々ですが続けていきたいと思います^^;

 

 

 

さて、NHKで最近やっているドラマ「さよなら私」を最近見始めました。

 

薫が母性に目覚めるとか、女同士の友情とか、気になるところはいろいろあるのですが…

 

第5回では、友美(心は薫、ややこしい…)に乳がんの疑いがあることが分かります。

 

友美の口から、「死ぬのかもしれない」という言葉が出ていました。

 

 

気持ちは分かるのですが、一度がんを経験したわたしとしては…

 

 

がんになったからと言って、簡単には死なないよ

 

助かる人の方が多いんだよ

 

ステージは何だったの?細胞の型は?

 

 

と、突っ込みたくなってしまいます^^

 

 

そういうわたしも、自分が告知を受けたときは、やっぱり「死」の影を感じました。

 

それって、テレビ、ドラマ、映画から受けた「印象」と自分の知識のなさに負うところが大きかったのだと思います。

(ま、知識があったからといって、すべて合理的に理解できるわけではありません。)

 

だからといって、ドラマや映画で詳しく解説しろとは言わないけど、 何かのご縁で、このブログを覗いてくださった方には、伝えたい。

 

 

がん=死ではない

 

医療が発達して、治るがんが増えている

 

がんが完治していても、簡単には死なない、何年も生きる人がたくさんいる

 

ただし、発見が遅かったり、種類や型が悪かったりすると、短期間で死ぬこともある(発見が遅いor型が悪い=死ではない)

 

だから、定期的な健診が大事

 

なってしまったら、信頼のおけるところから情報を集めて、冷静にたたかうべし

 

 

 

 

 

わたしは乳がんについては素人なので、乳がんにはどんな種類があるのかちらっと検索したら、とてもよくまとめられたサイトを見つけてしまいました。

 

姫路赤十字病院>外科>乳腺疾患>乳がんの種類というページです。

 

 

ドラマの方は、死なない方向で推移してほしいです。

 

それに、いずれは二人が元に戻れるといいですね~^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:乳がん
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うわ~(汗) [日々雑感]

仕事の関係で忙しくなり、2か月以上更新をサボってしまいました。(反省)

 

 

最近は、病気になる前より頑張ってしまっているかも…。

 

LVAを受けて、むくみの心配が減り、無理ができちゃうってこともあります。

 

こうなると、時々ですが、ちらっと再発の心配が頭をよぎります。

 

働きすぎは、よくないと思うんです。

 

治療が終わってから2年半くらいになりますが、実はこれまでに3回、マーカーが基準値をオーバーしました。

 

はじめの2回は小細胞がんに関するマーカー。

 

そして、前回の定期健診では、別のマーカーが。

 

それぞれちょっとずつだったし、前回も「気にしなくて大丈夫だからね~」と言われ、その根拠は?!と思いつつ、「は~い」と言って帰ってきました。

 

 

だいたい、血液検査って、不安定なものですしね。(主観)

 

 

 

話は変わりますが、こんな休眠状態のブログの記事の中でも、わりとコンスタントにアクセスが多いのが近藤誠氏の「がんもどき理論」についての記事なんです。

 

その記事を今読み直すと、むきになって書いちゃったかな~とも思いますが、今でも、自分の考えに変わりはないなと再確認しました。

 

化学療法を受けていなかったら、今こうやって働いていない=星になっている可能性が高いなと思うし。

 

早期発見はどう考えても大切だなと思うし。

見つかったときのステージで、統計的に予後が違ってくるんですから。

わたしだって、発見がもう少し遅れていれば、今頃確実にこの世にいないですよ!

 

ただし、ステージⅣだからって必ずしもすぐ亡くなるわけではないです。

 

抗がん剤をとっかえひっかえして、何年も生きて人生を楽しんでいる方をわたしは知っています。

 

抗がん剤で体が弱って死期が早まった人がいる=抗がん剤は悪い、って短絡的すぎます。

早期発見でも助からない人がいる=がん検診は無駄、って短絡的すぎます。

 

 

わたしの治療はほんとう~に辛かったですけどね≠すべての化学療法が辛い、なんです。

 

ただ、やっぱり発見が遅すぎると、恐ろしいくらいすぐ亡くなってしまわれる方もいらっしゃいます。

 

 

だから、ちゃんと検診を受けて(受けたって見落とされることがあるんですから、毎年受けることが肝心です)、何もなければOK、あっても早期発見がいいと思います。

 

あとは、①知識を得て(患者学+病気と治療法についての知識)、②賢く(変な情報や迷信や、根拠をを明示しない情報に惑わされない。)、③肝の据わった(なったものは仕方がない。戦うか、戦わずゆったりと最期の時を待つかは自分次第。)患者になること、④セカンドオピニオンで第三者の意見も確かめること、が大事だなって思います。

 

 

 

あとは・・・働きすぎは要注意ですよ^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

改めて思うこと [日々雑感]

術後2年半経ちました。

先日の定期検診も、問題なし

無事クリアです

 

ありがたいですね~

 

1年前に比べると、検査前のドキドキは小さいものになっています

 

小細胞がんは進行が早い⇔もう2年以上経った、という安心感が心を占めています

 

今日あることがあって、治療をしている頃のことを思い出しました

最近は心の奥にしまいこまれて思いだすことのない苦しい気持ちが、ちょっとだけよみがえりました

 

今、こうやって無治療でこられている自分は、すごく恵まれていると思います

それは、病院の先生方のおかげ!

そして、自分でもたくさんいろいろなことを調べて、考えて、主体的に治療を選択してきました

自分なりにがんばったと思います

 

でも

そうだとしても必ず再発をしないとは限らない、どんなによい治療を受けても、どんなに自分にできる限りの選択をしたとしても、再発をするときはする

そんなことに、さっき、ふと、思い至りました

 

だって、物事に絶対ということはないんですもの

病気になったり、事故にあったり、地震にあったり…

 

再発する可能性を考えることは、苦しいことです

かと言って、怖がりながら過ごすわけではモチロンなく…(笑)

先の保証はないからこそ(誰にも!)、やりたいことや、するべきだと思うことは、先延ばしにせずにやらなきゃ!(先立つものが足りない事は別として^^ゞ)と、改めて思いました

 

 

 

ううっ…LVAの報告が、中途半端になっています(・_・;)

きっと近いうちに更新いたします!

 

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

逡巡 [日々雑感]

この冬の休暇を利用してLVAの手術を受ける予定です。

入院期間は1週間。

 

少し早目に冬休みをいただくことになります。

 

これが私にとってはストレス

 

今日できなくても、明日やればいい…という仕事ではないため、代わりの人のために、さまざまな準備をする必要があります。それに、年末に終わらせておきたいことも、少し早目に終わらせなくては…。

 

そんなわけで今日は二日酔いの後、休日出勤して7時間を職場で過ごしてきました。

 

 

こんな思いをしてまで、この時期に手術を受けないといけないの~?!(しかも効果は保障されていないのに!)と思いますが…。

 

先月旅行(そのうち記事にできれば…)したときも、急な山道を登らないといけないことになり、膝上がたぷたぷになり^^;往生したのです。

それに、去年の丹毒!あれも1週間以上仕事を休まないといけないことになり辛かった…。

 

今手術を受けるという選択でいいんだと、自分に言い聞かせています。

 

 

気になっていることがもう1つ。LVAを受けた後、L病院ではどのように効果を診断するのでしょうか。

 

わたしの場合、サイズの変化はあまりないと思われるので。

 

手術前にはICG検査を行わなかったため(手術の直前にはリンパ管の位置を調べるため検査をするはずですが)、術後もわたしの自覚症状のみで判断しかねないと思ったり、きっとICGでリンパ管のつながり具合を調べるはずだと思ったり。ま、入院したときに質問すればわかるわけですが。

 

もし、L病院で術後に検査をしないのであれば、I病院で検査をして診断してくれないかな~、そんなの虫がよすぎるかな~と思っているところです。

 

 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 日々雑感 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。