So-net無料ブログ作成
検索選択

うわ~(汗) [日々雑感]

仕事の関係で忙しくなり、2か月以上更新をサボってしまいました。(反省)

 

 

最近は、病気になる前より頑張ってしまっているかも…。

 

LVAを受けて、むくみの心配が減り、無理ができちゃうってこともあります。

 

こうなると、時々ですが、ちらっと再発の心配が頭をよぎります。

 

働きすぎは、よくないと思うんです。

 

治療が終わってから2年半くらいになりますが、実はこれまでに3回、マーカーが基準値をオーバーしました。

 

はじめの2回は小細胞がんに関するマーカー。

 

そして、前回の定期健診では、別のマーカーが。

 

それぞれちょっとずつだったし、前回も「気にしなくて大丈夫だからね~」と言われ、その根拠は?!と思いつつ、「は~い」と言って帰ってきました。

 

 

だいたい、血液検査って、不安定なものですしね。(主観)

 

 

 

話は変わりますが、こんな休眠状態のブログの記事の中でも、わりとコンスタントにアクセスが多いのが近藤誠氏の「がんもどき理論」についての記事なんです。

 

その記事を今読み直すと、むきになって書いちゃったかな~とも思いますが、今でも、自分の考えに変わりはないなと再確認しました。

 

化学療法を受けていなかったら、今こうやって働いていない=星になっている可能性が高いなと思うし。

 

早期発見はどう考えても大切だなと思うし。

見つかったときのステージで、統計的に予後が違ってくるんですから。

わたしだって、発見がもう少し遅れていれば、今頃確実にこの世にいないですよ!

 

ただし、ステージⅣだからって必ずしもすぐ亡くなるわけではないです。

 

抗がん剤をとっかえひっかえして、何年も生きて人生を楽しんでいる方をわたしは知っています。

 

抗がん剤で体が弱って死期が早まった人がいる=抗がん剤は悪い、って短絡的すぎます。

早期発見でも助からない人がいる=がん検診は無駄、って短絡的すぎます。

 

 

わたしの治療はほんとう~に辛かったですけどね≠すべての化学療法が辛い、なんです。

 

ただ、やっぱり発見が遅すぎると、恐ろしいくらいすぐ亡くなってしまわれる方もいらっしゃいます。

 

 

だから、ちゃんと検診を受けて(受けたって見落とされることがあるんですから、毎年受けることが肝心です)、何もなければOK、あっても早期発見がいいと思います。

 

あとは、①知識を得て(患者学+病気と治療法についての知識)、②賢く(変な情報や迷信や、根拠をを明示しない情報に惑わされない。)、③肝の据わった(なったものは仕方がない。戦うか、戦わずゆったりと最期の時を待つかは自分次第。)患者になること、④セカンドオピニオンで第三者の意見も確かめること、が大事だなって思います。

 

 

 

あとは・・・働きすぎは要注意ですよ^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。