So-net無料ブログ作成
検索選択

定期健診の日の朝 [体調]

3月上旬に、婦人腫瘍科の定期検診がありました。

今回は血液検査&画像検査でした。

検査結果を聞くための外来日、朝からなんだかイライラするのです。

落ち着かないのです。

突然。

意外なくらい。

 

やっぱり自分は生きたいんだと再認識したような次第です。

 

リンパ節に転移していたことが判ったときは、はっきり死の存在を感じました。

でも、今はこうやって日常生活に戻ってどっぷり浸かってしまっています。普段ストレスを感じるのは、主に仕事で課題にぶつかったとき、手術の合併症のことで煩わしく感じるときでしょうか。

そして術後の期間が長くなるにつれて再発の可能性はだんだん減っているのではないかと、期待がつぼみのようにふくらんできています。

それだけに、検査結果を聞くにあたって、前回以上に不安になったようです。

 

そんな自己分析をしながら通勤している途中に、1つのアイデアが浮かびました。

今のわたしに神様が試練を与えるとしたら、再発より仕事や人生の課題を克服することなんじゃないだろうか。

妥当かつ建設的なアイデアのような気がしました。

 

次に頭に浮かんで来たのは、一年前にテレビで見た津波の光景でした。

震災。

あれほどの悲劇が、多くの人の死が、必要な試練であるとは思えません。

人は、困難に意味を見つけようとするけれど、それはときに前向きなとらえ方ではあるのだけど。

やっぱりこの世の中、何が起こるのかわからないし、何が起こってもおかしくないんだし、止めようがないんだ、と思いました。

人にできるのは、まずそれを受け止めること。そのとき自分にできる精一杯のことをすること。

再発は来る時は来る、心配したって仕方がない。どっちに転んでも、その状況を受け止めて生きるしかないのです。

少しイライラが収まってきました。

 

「やっぱり」というのは、これまでにも何度も考えたことだからです。

一番初めにこういうことを考えたのは、化学療法の治療中だったでしょうか。

父に頼んで般若心経についてのわかりやすい本を紹介してと頼むと、『般若心経入門』(松原泰道著)を買ってくれました。

もし死ぬことになっても、それを拒絶しようとしてもがき苦しんで死にたくなかったのです。

神頼みではなく、わたしが求めたのは哲学としての仏教でした。

「空」という考えについてまとまって書かれたものを初めて読みました。

なんとなくこういうものという理解がわたしの中にあります。

だた人に実感を伴って説明できるほどのものがないので、やめておきますね^^ゞ。

『4章 生と死』の中の一節を紹介します。

 生も死も人間の自由や選択の外にあって、どうにもならぬものだから、どうにもならぬものは、どうにもならぬと素手で受けとって、腹をすえ、悪くいうなら“居直って”、かけがえのない、たった一度の人生を、たった一人しかない自分を、今日という日は二度ないのだと、ひたすらに生かされ、生きてゆくのが永遠に生きることなのです。
 生死がないのでなく、生死がありながらも生死に引きずりまわされぬ生き方が不生不滅の生き方です。

そうだよな、そうだよな、と思うのです。ただ、そう思っても精神修養ができていないわたしは、やっぱり次回も落ち着かない気分になりそうなのです。

 

ここまで考えて、一度文章を寝かしていました。

そして、昨夜ふと頭に浮かんだ考え。

 

定期健診を機会に、自分は生きたいんだってことを再確認するのも悪くないな。

 

「ゼロになったからだ」が、また生気で満たされて、しばらくは生に邁進していける…そんなイメージです。

 

次回の検診をどんな気分で迎えられるか、ちょっと楽しみになってきました^^

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

がん専門病院での治療によって生じたリンパのう胞炎は、どこで治療してもらったらいいのか [日々雑感]

長いタイトルですみませんでした。

 

丹毒のことで入院させていただいたB病院ですが、実はすんなり治療していただいたわけではありませんでした。

わたしの既往歴と足の付け根が痛いことから、蜂窩織炎だけではなく、リンパのう胞炎も併発していることが疑われました。

初めは、院内の婦人科にも診てもらうことが検討されました。ですが、皮膚科と婦人科とのやりとりの中で、術後の経過のことがあるから現在の本院(主治医がいる病院ってことだと思います)であるC病院で診てもらうべきだということになりました。

 

そのことを伝えられ、わたしは当惑しました。

C病院に行くには、タクシーというわけに行きません。電車を乗り継いで1時間以上、その間立ちっ放しの可能性もあります。鼠径部の痛みを引きずって行くには辛い道のりです。それに、炎症に対してよいことだとは思えませんでした。

その上、これまでの経験からすると、C病院に行っても投薬されるだけで受けられる治療はB病院で受けられるであろう治療と変わらないだろうと思いました。

悪化のリスクを負ってまで行く必要性は見出せませんでした。

わたしの懸念を伝えても、中がどうなっているかわからないからC病院で診てもらった方がよいと言われます。

ただ、念のため血液検査をして、その結果を待つ間、C病院に連絡をとるように言われました。

 

C病院に電話をすると、運よくE先生がつかまりました。

言われたことは、
安静が一番だから近くの病院で診てもらえないのか、
一般の病院はがんって言うと構えてしまうが、12月に診たばっかりだから、再発の心配はない、
ということ。

血液検査の結果を待つ間、皮膚科の外来で待つことになっていました。皮膚科の医師たちが最終的な結論を出す前に、E先生から言われたことを看護師を通じて報告させてもらいました。

 

再び診察室に呼ばれてみると、「CRPが高いため入院した方がよい」という方針に変わっていたのでした。

 

しっかり治るまで面倒をみていただきましたし、もしまた蜂窩織炎or丹毒になったら診てくださるとのこと。(ホッ)


感謝、感謝です。

 

 

去年のリンパのう胞炎のときも、地域の医院とC病院との間で宙ぶらりんになっているような気分になりました。


リンパのう胞炎になっている最中にC病院の外来があったにもかかわらず、積極的に原因を特定してもらえず。

地域の病院では、がんの治療が原因でリンパのう胞炎になっているので、C病院で診てもらわないといけないと言われる。

でも、C病院は、がんの治療以外のこと(合併症など)についてあ最低限の対応しかしたくないという姿勢をひしひしと感じる。(直接的ながん治療に勢力を注ぎたいのは当然なので、どこまでも対応するわけには行かないのは理解できるのですが…)

 

蜂窩織炎については一安心だけど、今後またリンパのう胞炎になったとき、どこで診てもらったらいいのか。

 

今回、リンパのう胞のことを話さなければ、案外すんなりB病院で診てもらえたのかもしれません。

リンパ浮腫については、他の病院で問題なく診てもらえてるし。

例えば子宮全摘をした人がかかりやすい膀胱炎についても、きっと泌尿器科で普通に診てもらえるはず。

リンパのう胞炎だけは一般の病院のどの科で診てもらえばいいのかわからない。

やっぱりC病院で診てもらうのが妥当なのか。

でも、がん専門病院って、一つの県に1つか2つだから、遠くから通う患者は多いはず。感染症になったら、近くの総合病院で治療してもらったほうが楽なはず。(投薬にしても、外科的処置をするにしても)

 

いざというときのために、E先生に確認しておかないと、と思っていました。

 

 

ところが、最近行った定期健診の結果…

リンパのう胞消失。

吸収されていました!

半年前の画像にはまだ映っていたのに…

ヤッター!!

1つやっかいなものがなくなりました^^

 

 

ということで、タイトルの件については、根本的な解決はできませんでした。すみません。

別の意味で根本的に解決されてしまいました^^ゞ

また、別の似たようなことが起こったら(笑)、解決したいと思います…。

 

 

ついでに(?)申し上げますと、今回の定期検査も無事クリアいたしました。

またしばらくは日々の生活に専念できます。

ありがたいことです。

 

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。