So-net無料ブログ作成
検索選択

LVA③ ~術後~ [リンパ浮腫]

【入院生活】

 

LVAは手術ではあるのですが、部分麻酔ですし、お腹を切ったわけではないので、その日の夜から普通のご飯が出ました。

翌朝には尿の管が取れ、防水テープをした後はシャワーも可。

ただし、トイレに行くとき以外は、ベッドで安静にしているようにという指示でした。

 

 

翌日から、一日に2回、血管拡張剤を点滴します。

これがこれが回を追うごとに痛みを伴い、血管の通り道に沿って炎症で皮膚が赤くなりました。

そのために、入院の途中で、点滴を入れる血管を換えるのですが…2回目は点滴の針の入れ方がまずかったのか、初めから入れた場所が痛くて参りました。

ところで、この血管拡張剤については看護師さんたちから、痛かったら無理しなくていいから飲み薬にかえることもできますよ、と何回か言われました。

本当にどっちも効果が変わらないなら、はじめから飲み薬にすればいいのに…。

(これは私の勝手な想像ですが、医師としては直接血管に入れる点滴の方が効果が効果が高いと思っている、看護師さんたちとしては、患者に呼ばれて痛みを訴えられるよりは飲み薬で大人しくしてくれた方がいい、ということかもね…)

 

【退院後の過ごし方】

 

退院後もしばらくはゆったり過ごすようにすることと、リンパ浮腫を防ぐために守るべき基本的な事項について書面で指導がありました。

術後1~2週間は弾性ストッキングを履かないという指示もありました。

以前にリンパ浮腫の治療院で、LVAの後ストッキングを履かずに過ごしていたら悪化した人もいたと聞いたことがあり、履かずに悪化するのは怖いな~と思っていました。

そこでN先生に術後にストッキングを履かない期間をおくことの意味をお尋ねしてみました。

術後すぐに弾性ストッキングで圧迫すると、リンパ管と静脈が潰れてしまい、繋いだ部分が扁平なまま癒着してしまう=つまってしまう可能性があるとのこと!!

それは大変!

即、了解し、退院後一週間はストッキングなしで過ごしたのでした。



 

【治療の評価について】

 

術後にも、ICGを見る機会がありましたが、DBの場所の光の塊はなくなってはいませんでした。そもそも、色素が沈着してしまうと考えられているそうです。

一度膨らんでしまった脂肪は小さくなりにくく、効果(サイズの変化)が表れるには脂肪細胞が生まれ変わる2~3年の時間が必要なのだそうです。

ただ、むくんだときの痛みやだるさといった感覚ベースで言うと、もっと早く2~3週間で効果が表れるとのこと。

この痛さについては、婦人科のお医者さんではリンパ浮腫が原因で起こる痛みを訴えても信じてくれない人もいます。

でも、わたしの主治医となったN先生は、「痛みはあるんです」と断言しておられました。婦人科の先生たちにも教えてほしい。

 

 

そんでもって…ちょっと度肝を抜かれたことが。

M大先生から、「ストッキングなしで過ごしてみたら?」と。

リンパの流れがどれだけ改善しているか評価することが難しいのに、そんな、リスクを冒すなんてぇぇ…とわたしは文字通り言葉につまってしまいました^^ゞ

わたしが口をぱくぱくさせていると(笑)、

M先生「まずは土日から試したら」

と譲歩して?!くださいました。そして、

「そのために手術したんだから」

と。

それはそうですよね、と妙に納得したのでした。

その後、N先生の方にストッキングのことを聞いてみると、メディキュットみたいのを履いて徐々に弱いストッキングにしていけばよいとのこと。それで安心して退院したのでした。

 

 

 

それと…手術代は37万でした。

これまでの情報から、見込んでいた30万前後よりも7万多かったんです。(病院でもそういう説明を受けたような…あまり覚えていませんが。)

高額医療費制度もあるので(ありがたいことに)大丈夫なのですが。

入院期間は普通より1日短いぐらいでしたし、余計なお薬をいただくなどもなく、部屋も4人部屋。

考えられる理由は、年末だったことと、結果的にたくさんつなげたってことでしょうか。

う~ん、わかりません^^;

どなたかわかる人がいたら教えてください。

これについては改めて質問する気もないので、答えはわからないままかも…です^^ゞ

 

 


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 7

鴨媛

おはようございます。
治療に耐えられる患者さんの努力には、
本来医療従事者もくんでさしあげなくてはいけないものと思います。
確かに今スタッフもどんどん減らされて、
自分たちの体力や精神力もギリギリでやっていかなくてはいけない
ジレンマの中であえいでいるのも事実なのですが・・・・
点滴と内服薬は、
血管拡張剤について詳しくないのですが
やはり吸収の差もあるのではないかと。
血管からダイレクトに届くのと、消化器系からの吸収は違いますね。
あるいは消化器に、若干のダメージを与えるのかもしれません。
ただ全てに於いてそうですが、
個人差がありますので一般的なこととご自身の体調は
よく考慮されることがよろしいと思います。
私の立場で言えることも、
学術的なことというよりは経験で得たものです。
医療従事者も全て同じ知識を持ち合わせたワケではないのが、
患者さんにとっては悩みどころですね。
請求金額の違い・・・・年末年始の時間外診療かなにかですかね?
by 鴨媛 (2013-01-27 09:39) 

cobachi

お疲れ様でした。
点滴が痛いのは辛かったですね。

ストッキングを履かない生活はいかがでしょうか。
効果が実感できる日々でありますように!
by cobachi (2013-01-27 22:22) 

ゆき

ひすい様

丁寧なレポありがとうございます!
私も先日LVA受けてきました!

手術は何か感動して泣いてしまいました(笑)
手術自体は痛くなかったんですが、やはりあの点滴すごく痛いですよねー!

点滴は3日間でさっさと退院させられちゃいましたが、私も同じくらいの値段でした。

でもこの手術ができて大満足です。

その後の生活もまた教えてくださいね

私もご報告します!

勇気をありがとうございました!
by ゆき (2013-01-30 17:40) 

ひすい

鴨媛さん

コメントありがとうございます

わたしも以前、何かの点滴のときに、消化器官から吸収される内服薬より点滴の方が効きやすいと医師から説明されたことがあります

それは納得できるのですが、看護師さんが内服薬への変更を暗にほのめかすのが不思議でした(笑)
それも一人ではないのですから

きっと痛みを訴える患者が多くて面倒なんだと思います(笑)
どの医療機関も、コストカット人員カットで大変だと思います



by ひすい (2013-02-01 23:25) 

ひすい

cobachiさん

ストキングなしの生活にはなっていないのです…^^ゞ

それでも、これだけやってもらったなら仕方がないと納得しています

悪化はなかったので◎!

by ひすい (2013-02-01 23:26) 

ひすい

ゆきさん

ご訪問&コメントありがとうございます!

ゆきさんも受けられたんですね!

このところ、同じように受けられた方からコメントをいただいて嬉しいです

費用も同じくらいとのことで、そんなものなんですね
顕微鏡の手術って高いんですね~

その後の経過報告しますね^^

by ひすい (2013-02-01 23:29) 

cobachi

ストッキングなしでなくても、
悪化でないから◎

に、拍手です!

手術、お疲れ様でした。

by cobachi (2013-02-08 10:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。